あざな悠良のほろ酔い話

好きなお酒やおつまみのことなど。※未成年の飲酒はダメですよ。

キュウリのピリ辛炒め

夏野菜が好きなので、旬の時期になるといろいろと買い込んではせっせと食べる毎日を送っています。

 

しかしながら、うかれすぎて、うっかり買い込みすぎてしまうこともありまして。

 

特にやらかしがちなのがキュウリです。

 

基本的には大葉やミョウガと一緒に塩もみにしていただくことが多く、あとはちくわキュウリにしたりとかで、1週間で消費できるのはせいぜい5本がいいところ。

 

でも、この時期、10本近く入ったお徳用袋で売っていたりするではないですか。

 

あ、安い、と思って、後先考えずに買ってしまうんですよね。

 

残る5本をいかにしなびさせずに消費するかが悩みどころですが、だいたいは炒めて食べてしまいます。

 

f:id:azanayura:20190622195317j:image

 

材料

 

  • キュウリ … 3本
  • ゴマ油 … 大さじ1
  • 豆板醤 … 大さじ1
  • 醤油 … 小さじ1/2

 

作り方

 

  1. キュウリは上下を切り落として、細長の乱切りにします。
  2. フライパンにゴマ油を入れて強火にかけたら、豆板醤を入れて炒めます。
  3. 豆板醤に泡がたったら、キュウリを投入して炒めます。
  4. 醤油を入れて、塩を1つまみ入れて、キュウリに味がなじむまでじっくり炒めます。
  5. 味見をして、塩で微調整したら出来上がりです。

 

この量で2~3人前です。

 

もし花椒があれば、入れると更においしくなります。

 

豆板醤の量はお好みで。

 

キュウリと合わせるので、けっこう量を入れないとそれほど辛くはなりません。

 

短時間でさっと炒めるのもありですが、個人的には、キュウリの水分をとばしてやるつもりでじっくり炒めるのがおすすめ。

 

パリパリの歯ごたえが気持ちよくて、1人でキュウリ1本くらいはぺろりといけます。

 

ちなみに、最高記録は3本です。

 

ビールがおいしい系のおつまみですが、意外と日本酒とも相性がいいお味。

 

ビールと合わせる時は、豆板醤と一緒にニンニクのみじん切り1かけ分を加えてパンチをきかせてもいいですよ。