あざな悠良のほろ酔い話

好きなお酒やおつまみのことなど。※未成年の飲酒はダメですよ。

けやきひろば春のビール祭り2019の感想

私がビールにハマったきっかけとなる2大ビールの話という記事でけやきひろばビール祭りのことにふれましたので、今回はこの祭りのお話を。

 

毎年、春と秋の2回、埼玉県のさいたま新都心で開催されている、日本のクラフトビール中心のイベントです。

 

春は屋外のけやきひろば、秋はさいたまアリーナが会場となっていて、2019年の春は5/29~6/2に開催されました。

 

会場が限定されているので規模は変わりませんが、とにかく回を重ねるごとに参加者が増えていく。

 

以前はテント下のテーブル席は無料で開放されていて、早い者勝ちだったんですけれども、最近は時間帯によっては有料となるも、予約で完売するほどの人気ぶり。

 

プラカップでの提供なので、オクトーバーフェストのようなチャージ料が必要無いという気軽さも魅力ではないでしょうか。

 

2013年にビールのおいしさに開眼して以来、地元ということもあって、ほぼ毎回、欠かさずに参加している身としては、嬉しいような嬉しくないような。

 

いや、ほんと、場所取りがたいへんになったなぁ、と思って。

 

今年は日曜日に行ったのですが、テント席のチケット争奪戦に敗れてしまったので、レジャーシートエリアで場所取りをすることになりまして。

 

念のため早めに行っておこうかと思い、祭り開始時間の1時間前くらいに現地に到着したわけです。

 

ちなみに、春の場合、会場はJRの駅からさいたまアリーナに続くデッキ通路にある広場なので、特になんの規制もされていないんですよね。

 

開始1時間前で、もう3割ほどは場所取りがされている状態でした。

 

徹夜組はいないと信じたいですが、今後どうなっていくことやら…。

 

しかし、祭りが盛り上がること自体はとても嬉しいです。

 

今回はさいたまアリーナでのバックナンバーのライブと重なったので、とてもすてきなBGM付きで楽しさも倍増でした。

 

ただ、混雑するので、ビールを買うにも、トイレに行くにも行列行列、また行列。

 

目的の場所まで人の波をかきわけ、たどりついたら行列に並び、再び人の波をかき分けて戻る、のくり返し。

 

待機時間がその都度かかるので、5~6杯飲んでほろ酔いくらいの状態でもう夕方、という感じでした。

 

楽しくてあっという間なら最高だったんですけどねぇ(笑)

 

今回は、志賀高原、Y.MARKET、サンクトガーレン、城端、COEDO、OH!LA!HOのビールをいただきました。

 

志賀高原さんは、けやきひろばビール祭りに行くと、必ず最初に買いに行ってしまいます。

 

f:id:azanayura:20190623132521j:image

 

ビールはもちろんですが、から揚げがおいしいんですよ。

 

オラホさんのアスパラガスも、極太で甘くて、必ず買ってしまう逸品。

 

城端さんのそばプリも好き。

 

今回、Yマさんで出してたぶ厚いハムカツもおいしかったなぁ…。

 

秋はどんなビールとおつまみに出会えるのか、今から楽しみでなりません。