あざな悠良のほろ酔い話

好きなお酒やおつまみのことなど。※未成年の飲酒はダメですよ。

独断と偏見に基づく大手メーカーのビールの味の傾向

ビール好きを公言していると、たまに、ビールが苦手だという人から「自分でも飲めるおいしいビールはないか」と相談を受けることがあります。

 

ビール好きの人口が増えるのは素直に嬉しいことです。

 

ただ、苦手だという人に何の予備知識も無い状態で「これなら絶対においしいから!」とおすすめできるほどおしが強い人間ではないので、そういう時には、まず私が考える大手メーカーの味の傾向を話します。

 

キリン、アサヒ、サントリー、サッポロ、そしてエビスの5つ。

 

様々な商品があれど、メーカーごとに味に傾向があると思うんですよね。

 

まず、キリンは、苦みやコクなどのバランスがとれていて飲みやすいです。

 

悪く言うと、突出しているものがなく平凡な味なので、少ないつまみでビールを主体で味わうのはつらい。

 

夕飯のおかずをつまみに晩酌、というシーンが一番よく似合います。

 

アサヒはキレ。

 

それ以外はほとんど印象に残らないくらい、キレ一択。

 

夏の暑い日や風呂上がりにガーッと流し込むとスッキリ爽快。

 

サントリーは、香りと水の後味が残ります。

 

苦みやコクもそれなりにあるのに、水の後味でさらりと消えるので飲みやすさは一番かもしれません。

 

スイーツ系のおつまみにも合わせやすいですね。

 

しかし、他のメーカーに比べると、商品ごとのクセが強い傾向があるので、自分ごのみの味に出会うのがちょっとたいへん。

 

サッポロは、キレとコクと苦みのバランスがいいです。

 

キリンと比べるとどっしりしているので、黙々と飲むには若干厳しい。

 

個人的に、屋外と肉に合うビールだと思っています。

 

エビスは、まずコク、そして苦み。

 

キレが弱めなので、ビール初心者にはあんまりおすすめできません。

 

日本って湿度が高いから、キレの要素ってけっこう大事なんですよね。

 

しかし、これに慣れると、他のビールでは物足りなくなります。

 

まったりゆっくり楽しみたいビールです。

 

f:id:azanayura:20190629173429j:image

 

これで苦手だと感じたメーカーがわかると、おすすめもさぐりやすくなるというものです。

 

例えば、日本の居酒屋で高確率で遭遇するのはアサヒのスーパードライだと思いますが、苦みやコクといった味の要素が控えめなのでゴクゴクいける分、炭酸がキツく感じられて、後口に酸味が残りがち。

 

こういう系統が苦手な人は、大手であれば、後口がすっきりしたサントリーのプレミアムモルツと相性がよかったりします。

 

キリンの一番搾りやサッポロの黒ラベルが苦手な人は、苦みを味わうのが不得手な場合が多いので、小麦系のビールをおすすめすると喜ばれます。

 

大手ではあまり見かけないので、ヤッホーブルーイングの水曜日のネコ、または、COEDOの瑠璃あたりがよいですね。

 

居酒屋にはほとんど置いてないのが難ですが。

 

たまにいるのが、「匂いがイヤ」という人。

 

これは、ビールサーバーのメンテナンス不足で酸化臭がついたものを飲んだ可能性もあります。

 

こういう人には、まずは、ちゃんとしたビールを飲んでもらいましょう。

 

嗜好品なので無理に飲む必要はないにしても、誤解されたままというのは悲しいですからね。